×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

華麗なる一族 千代田生命
華麗なる一族千代田生命をご存知でしょうか。
華麗なる一族であった千代田生命を紹介します


千代田生命保険相互会社の歴史
千代田生命保険相互会社の創業者である門野幾之進は安政3年(1856年)鳥羽藩家老の家に生まれ、14歳で慶應義塾に入塾し福沢諭吉に師事。入塾2年後には16歳で教鞭をとり、以来31年にわたり多くの人材を世に送り出した。

その後、参加していた交詢社で、師と仰いでいた福沢諭吉が紹介した“人の生涯を請け負う仕事”というものに興味をひかれ、これこそ世の中に有益な事業であると考え、千代田生命保険相互会社を創立し実業家としても活躍した。

他にも共同保険、海上海運保険、豊国銀行の経営に携わり、貴族院議員としても活躍し、郷土(三重県鳥羽市)の教育振興に尽くした。また、慶應義塾の教頭も務めるなど、実業家でもありかつ教育者でもあった。
1983年(昭和58年)世界の保険関係者にとって最高の栄誉といわれるアメリカ、オハイオ州の「保険殿堂」入りをはたす。



千代田生命保険相互会社の絶頂期
千代田生命保険相互会社は、20世紀初頭、19044月に設立された生命保険会社。福沢諭吉門下の門野幾之進(初代社長/1856年−1938年)が中心となって日本初の英米相互組織を採用したとして設立し、千代田生命保険相互会社は戦前は五大生命保険会社(明治生命、帝国生命、日本生命、第一生命、千代田生命の各社)の一角を占め、第二次世界大戦後業績を伸ばし生保大手8社の一角を占めた。

千代田生命保険相互会社は
1948年(昭和23年)には業界初の「団体定期保険」、1950年には「団体年金保険」、千代田生命保険相互会社は1961年にも業界初の「団体信用生命保険」を発売、千代田生命保険相互会社は業界の先駆的役割を担った。

その後、千代田生命保険相互会社は千代田火災・東海銀行・トーメンをメインとする「さつき会」を結成、
1973年には海外3大保険グループと業務提携し国際化を目指す一方、千代田生命保険相互会社は1975年後半には事業の拡大を推進し、千代田生命保険相互会社は住宅ローンや増改築ローンの新商品を加えた。

千代田生命保険相互会社は折からのバブル経済のもと、不動産関連や株式投資への融資を積極的に進め業容は拡大。千代田生命保険相互会社はピーク時の
1992年(平成4年)3月期は年間収入14991億円をあげるとともに千代田生命保険相互会社は総保有契約高60兆円を突破。その後も千代田生命保険相互会社は大型保障商品を開発、発売していた。



千代田生命保険相互会社の破綻

千代田生命保険相互会社はバブル期の積極経営がたたってバブル経済の崩壊後は、千代田生命保険相互会社の不動産向け融資の不良債権化や株式担保融資の担保割れなどが発生し、千代田生命保険相互会社の不良債権額が毎期ごと増大、千代田生命保険相互会社は特に「ホテルニュージャパン」の火災では融資先の一社として有名になった。

一方、景気低迷と低金利政策の下で予定利率を運用利回りが下回る「逆ザヤ」現象が続き、千代田生命保険相互会社の株価下落等による信用不安が増大した。千代田生命保険相互会社は
1999年(平成11年)には経営革新計画を作成、千代田生命保険相互会社は早期退職制度を中心に人員の合理化や、事業所の統廃合を行っていた。

しかし、千代田生命保険相互会社の契約者の解約は続き、千代田生命保険相互会社のメーンバンクの東海銀行に
1000億円の資本支援を要請するとともにドイツの大手生保・アリアンツへ経営参加を中心とした経営支援を要請していたが、千代田生命保険相互会社の数回におよぶ交渉も前進を見ず自主再建を断念し、2000108日に更生特例法の適用を申請し経営破たん(従業員13013名)。生命保険会社としては金融機関等の更生手続の特例等に関する法律(金融版会社更生法)申立の第1号。千代田生命保険相互会社の負債は保険契約に基づく準備金が約26413億円、同準備金以外の債務が約2953億円の合計約29366億円。

千代田生命保険相互会社は破綻後、米国大手金融グループである
AIGに買収され現在はAIGスター生命保険株式会社として営業している。



華麗なる一族 結末ネタバレ 華麗なる一族 鈴木商店 華麗なる一族 NOVA 華麗なる一族 山一證券
華麗なる一族 カネボウ 華麗なる一族 三光汽船 華麗なる一族 千代田生命 華麗なる一族 そごう




Copyright(C) 華麗なる一族 千代田生命 All rights reserved